〜2015年度社労士試験 合格を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金アドバイザーのお勉強・・・

<<   作成日時 : 2009/02/18 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは

今日もお仕事&お勉強を頑張りました。

年金アドバイザー2級の試験まで2週間をきりました。

あっと言う間に試験日になりそうです・・・。

昨日、ポカラさんから勉強方法についてアドバイスを頂きましたので、さっそく集中してお勉強してみることにしたのですが・・・。

やはり、得点源となる・・・という言葉がとても気になり、問2〜問8の計算問題を・・・の前に、「退職課税」に関しての問題を確認することにしました・・・。

現在使用している最新の問題集は、2000年〜2008年の過去問が掲載されていますが、なるほど、ここ数年は、隔年で退職金課税に関する問題が出題されているようですね・・・。
今年は2009年ですから、順番から行くと出題されるのかな・・・。
でも、その間の年に出題されている「裁定請求手続き」も見ておかないと不安・・・。

退職課税に関する問題の方は、ずっと退職金の計算をしたりしてきたので、課税のしくみは把握していますし、馴染みがありますが・・・。
「裁定請求手続き」と「退職課税」両方を組み合わせた問題もあるみたいですし・・・。

計算問題、できるようになりますでしょうか・・・。

今朝、計算問題を解答する前に、どのような主旨の問題が出題されているのかを確認するため、平成16年改正後の過去問(10問×4年分)のタイトルを全部書き上げてみました。

その中で、共通しているものがあれば、それが「年金アドバイザー2級」に合格するために習得しなければならない内容であるわけなので、絶対計算できるようにならないと・・・。

やはり目についたのは、

*老齢基礎年金の一部繰上げ・全部繰り上げ
*60歳台前半の在職老齢年金と高年齢雇用継続給付
*特別支給の老齢厚生年金(基金・雇用保険・年金額計算などさまざま)
・・・etc.

以前の職場は、60歳〜65歳前後の社員の方が多く、結構上記のような質問をされて、お答えしたりしていたことを思い出しますが、結局、この試験は、「銀行業務検定試験」ですから、「銀行員」の方が、年金相談をされる際に習得していなければいけない事柄なので、法律・・・というよりは、実務に近い内容であると思います。

やはり、せっかく社労士になるべくお勉強しているわけなので、年金の計算のしくみを習得し、自力で年金額が算出できるようになりたいと思います。
・・・が、今は、やはり、「社労士試験合格」が主体ですので、あまりのめりこないようにしなければ・・・。

それでは、もうそろそろ、休みます。

朝4時半に起きたので、もう21時間ほど稼動しており、結構疲れてきました・・・。

明日(今日!)は5時には起きるつもりでしたが・・・。
今、1時半を過ぎてしまったので、5時半にしようかな・・・
4時間は眠らないとね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金アドバイザーのお勉強・・・ 〜2015年度社労士試験 合格を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる