〜2015年度社労士試験 合格を目指して〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 本試験から一夜明けて・・・。

<<   作成日時 : 2011/08/29 10:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

おはようございます

本試験から一夜明けましたが・・・。

いつもの様に朝はやってきました(当たり前ですが・・・。)

目覚まし時計を掛けず、就寝したのですが、やっぱり、いつも通りの時間に目は覚め・・・。

習慣とは恐ろしいものですね・・・

今日は、遅い夏休みということで、会社はお休みです・・・。

お掃除をしたり、お世話になったテキストなどを片付けたりしようかな〜と思っています。

そして、明日、明後日は、短い「命の洗濯」旅行に行ってこようと、昨日の夜、慌ててホテルの予約をしました・・・。

試験の事は暫し忘れて、満喫してきます

昨日の本試験のこと、少しずつ思い出されます。

会場に着く前、何を考えていたのか、JRの乗り継ぎの駅を乗り越してしまい、次の駅で降り、各駅停車の電車に乗り換えて、戻ることに・・・

本当は、試験会場に入れる8時10分より前には到着予定でしたが、少し過ぎての到着となりました。

会場は、思っていた以上に涼しく、上着を着ておられる姿も結構見受けられました。

何と、席が今年も一番後ろ。嫌な予感的中。

初め、私の左斜め後ろに、監督官用の椅子が置かれており・・・。

嫌だな〜と思っていたところ、説明が始まる頃にはその椅子は撤去され、「良かった・・・」と思ったのは束の間・・・。

左斜め後ろ(ほぼ左横)に監督官の方がずっと、立ったままで・・・。

解答しているところを上から覗き込まれているような(たぶんそんなことはないのだと思いますが)気がしてしまって、初めの2科目(国年と厚年)を解いている間、全く落ち着かず、正しく解答が導き出せなかった・・・という感じです。

いつも通り、労基・安衛の問題が解いた方が良かったのかな・・・と後になって思いました。

でも、本当は、そんな弱い心臓では、この試験には太刀打ちできないのですよね・・・。

そして、本試験から、今までの短い時間で思ったことは、絶対、何か、勉強の方法に問題があるのだということ・・・。

予備校に頼りすぎている!!

そんな気がしてなりません。

講義を受けていれば大丈夫!的な気持ちが少なからずあったのだと今さらながら痛感しているところです。

講義は、普段、自分でお勉強をしている際、わかりにくい・・・というところを、補助的に説明して下さる場なのだ!と思わないといけませんでした。

何故か、やっと、この試験が終わってから、そんな風に思いました。

・・・なので、これからは(おそらく、また予備校には通うのですが)、今までの勉強方法を見直し、自主的にいろいろ学んでいくこと・・・。

過去問をとにかく解く!ということではなく、基礎の基礎・・・。

つまり、テキストに書いてある、項目毎の理解が完全になるようにしていくこと・・・。

これに主眼を置き、学んでいきます。

私の目標は、「社労士の本試験に合格する」ことではなく、「社労士になってお仕事をする」ということなのですから・・・。

足を止めるわけにはいきません・・・。

今はその場で足ふみをしている状態ではありますが、少し経ったら、また、一歩ずつ、歩き始めます。

まだまだ、疲れは取れてはいませんが、これからは、趣味も少しずつ再開しつつ、魅力のある女性になるべく、毎日、一歩一歩、着実に前に進んで行きたいと思います。

きれいごとを言うつもりは全くありません。

夢を諦める必要はありません。

不合格だったことは素直に受け入れます。

決して恥じることではないと思います。

それだけ、この資格には「重み」「価値」があるということです。

この「夢」が勝ち取れた日、その日に、大泣きをするかもしれませんが、それまで、泣かないでおこう・・・と決めました。
(ただ、私は涙もろいので、少し位は泣いてしまうこともあるかもしれませんが、その時はご容赦下さい。)

そんなわけで、このブログのタイトルはまだまだそのままになる可能性が高いのですが、もし、同じように今回の試験で、涙をのまれた方があり、同じように思っておられる方がおられたら、一緒に頑張って行きましょう!

そして、応援をして下さっておられる方には、なかなか良いお知らせができぬままですが、もし宜しければ、また、応援をお願い致します。

では、これから、お掃除、頑張ります。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
何はともあれ、大変お疲れさまでした。
少しゆっくりされて下さい。

信じています。
モリクミさんなら大丈夫です。

ハマ
お疲れさまでした!
2011/08/30 09:27
監督をしていた者です

いまさら言っても遅いですが、
それは受験番号や名前に記入ミスがないか確認してるだけです

手で隠れて読めなかったりすると覗き込んだりしますが、気にしなくても大丈夫ですよ

香川の行政書士&社労士あべ
2011/08/30 12:39
本試験、本当にお疲れさまでした。
ずっと陰ながら応援させて頂いておりました。

合格されることを、お祈り申し上げます。
どんな結果であっても、決して諦めないモリクミさんを、
これからもずっと応援していきます!

でも、しばらくはゆっくりなさってくださいね。
アンダンテ
2011/08/30 13:50
あべ先生
こんにちは!
アドバイスありがとうございました。
そうなのですね!
それは私達受験生がドキドキ状態で名前やマークミスが少しでも無くなるようにというご配慮だったのですね!
あぁ…そのコメントを3年位前にどなたかに教えて頂いていれば…。
実は今までにも、一番前の説明をして下さる監督官の方の目の前の席、一番後の席が三回ほどあり、いつも同じように思ってしまい…。
あと一点あれば合格だったということが二回ほど…。それ以外の時は、いつも「見ないで下さい!」と思いながら、頭が真っ白になり、点数が伸びず…。
トラウマになっておりました。
まさしく、今年は既に遅し!というところですが、来年以降の参考になりますので、コメントを頂けて嬉しく思います。
本当にありがとうございました!
ただ、理解はできましたが、それであれば、一ヵ所ではなく、場所を適宜移動して頂き、他の方の横にも移動頂ければ、ここまでの気持ちにはならないのかな〜とは思います。
あるいは教室の四隅だけにして頂くとか…。
3時間30分の間、ずっと真後ろに立たれるのは厳しいです。
連合会のご指示なのかもしれませんが、少しご配慮を頂けると助かります。
私のような人間は本当にメンタル面が弱いので、普段解ける問題も、気が動転してしまって、解けなくなります。
そして、過去にも同じことがあったので、また…と思ってしまったのです。
…が、今回、アドバイスを頂きましたので、もし、他に同じように感じておられた方にも、ご参考になったのでは?と思います。
また、いろいろご指導下さいね!
今後とも宜しくお願い致します。
モリクミ
モリクミ
2011/08/30 17:51
アンダンテさん こんばんは!
ぃつも応援を頂いていた、とのこと…。
本当に嬉しいです。
私は今、小旅行中で、束の間の休息を謳歌しております。
アンダンテさんのように応援をして下さる方がいらっしゃいますので、それが原動力となり、朝、3時に起きて、眠くても勉強ができます。
何度失敗しても、次に向かって一歩を踏み出す事ができます。
私のような、他の長期受験生の方が、例えお一人の方でも、諦めずに、一緒に、再出発して下されば…と願っております。
そして、こんなに苦労をして手にした社労士という資格を、ぜひ、有効に使って頂きたい、と切に願います。
特に今、被災され、何をどのように手続きすればわからない!という方が本当にたくさんいらっしゃると思います。
その方々の為に実力を発揮される方が1人でも多く生まれれば良いな〜と思います。
長々と、横道に逸れてしまいました。
これからも諦めずに頑張りますので、ぜひ、応援をお願い致します。
モリクミ
モリクミ
2011/08/30 21:13
ハマさん こんばんは!
温かいお言葉、ありがとうございます!
申し訳ありません!!
メッセージを頂いていましたのに、すっかりお返事が遅くなってしまいました。ハマさんには、以前、早くこちら側へいらして欲しいと言って頂いたことを、いつも励みにしてここまでやってきました。
あれからいったい何年経ってしまったのでしょうね…。
けれども、いつまでも見離すこと無く、毎年エールを送って下さるハマさんに、毎年救われています。
本当にありがとうございます。
本当に嬉しいです。
実務の方は、日々、精進しております。
これからも諦めずに頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。
モリクミ
モリクミ
2011/08/30 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
本試験から一夜明けて・・・。 〜2015年度社労士試験 合格を目指して〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる